最新ニュース 

いわてアールブリュット巡回展始まる  (11/13 19:47)

自らの心のままに製作された「いわてアールブリュット巡回展」が、13日から久慈市で始まった。今回の巡回展は県が主催したもので、会場の久慈地区合同庁舎には県内各地から集められた作品20点余りが展示されている。アール・ブリュットとは、「生(き)の芸術」のこと。流行などにとらわれない作品や、美術の指導を受けていない人の作品の総称で、最近では知的障害のある人たちの作品も、このアール・ブリュットのひとつに位置付けられている。色とりどりの円や、細かく鋭い線。ただひたすらに結び目が作られた糸の束など、どの作品も障害がありながら心のままに表現されたものばかりで、訪れた多くの人は、作品が持つ大きなエネルギーに魅了されていた。この巡回展は、来年2月まで県内4か所で行われる。