最新ニュース 

テニスプロ目指してアメリカ修行へ  (06/13 19:11)

プロを目指して新たな船出。矢巾町出身で去年のインターハイテニス男子で3冠に輝いた菊地裕太選手が13日、アメリカでの修業への出発を町長に報告した。矢巾町役場を訪れたのは、矢巾北中学校出身の菊地裕太選手18歳。菊地選手は中学卒業後、高校テニス界の強豪兵庫の相生学院高校に進み、3年生で迎えた去年のインターハイではシングル、ダブルス、団体の3冠に輝いた。菊池選手はプロ選手を目指し、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校に進学することになり、高橋昌造町長らに渡米の報告をした。菊地選手「自分の故郷に帰ってきて、こういうふうに激励されているので、改めて自分だけの人生じゃない、自分だけのテニスじゃないと思ったので、アメリカに行くんだけどしっかり感謝して頑張っていきたいと思う」。菊地選手は15日にアメリカに向けて日本を発ち、9月に正式に大学に入学する。