最新ニュース 

宮古−室蘭フェリー就航記念切手発売へ  (06/14 20:45)

宮古と北海道の室蘭を結ぶ定期フェリーの運航開始を記念したフレーム切手が発売されるのを前に、切手シートが14日、宮古市に贈られた。日本郵便岩手県東部連絡会の八重樫茂徳統括局長が山本正徳市長にシートを手渡した。このオリジナル・フレーム切手は、今月22日、宮古・室蘭間でフェリーの運航が開始されるのを記念してつくられた。室蘭の「地球岬」や「白鳥大橋」といった観光名所があしらわれた82円切手5枚が、1枚のシートになっている。フレーム切手は、15日から宮古や釜石などにある60の郵便局で1000シートが限定販売されるほか、日本郵便のウェブサイトでも取り扱われる。また、宮古と室蘭を発つフェリー第1便で乗船客に記念品として配布される。