最新ニュース 

浄土ヶ浜 県内トップ切り「海開き」  (07/14 17:53)

県内の海水浴場のトップを切って、14日、宮古市の浄土ヶ浜で「海開き」が行われた。「海開き」にあわせて、14日朝、海水浴場に警察官が防犯のため定期的に立ち寄る警戒所が設けられた。梅雨明けが待ち遠しい県内。14日は高気圧に覆われ、一関で33.9℃、江刺で32.8℃など、15か所で真夏日となった。浄土ヶ浜は、朝方、霧が立ち込めたものの、次第に夏らしい青空が広がり、早速、子どもたちが水遊びを楽しんでいた。浄土ヶ浜の海水浴場は、来月19日までの37日間、設けられたが、宮古市内では防潮堤工事が行われている「藤の川」海水浴場は去年に続き、「海開き」が見送られる。また、「女遊戸」「真崎海岸」「蛸の浜」の市内3か所の海水浴場は震災以降、休止されている。