最新ニュース 

小学生が稲刈りに挑戦  (10/12 19:49)

実りの秋を迎え、子どもたちが12日、『収穫の喜び』を味わった。盛岡市の玉山地域で、地元の小学生が稲刈りに挑戦した。盛岡市の玉山地域にある渋民小学校の5年生48人が、黄金色がまぶしい学校近くの田んぼを訪れた。稲刈り体験はことしで11回目で、この春は、雨で田植えはできなかったというが、子どもたちは地元の農家から鎌の使い方を教わりながら丁寧に稲を刈り取っていた。品種は「あきたこまち」で、10アールほどの田んぼから約550キログラムの米が採れるという。児童「ひいおばあちゃんとか、みんなで一緒に食べたい」、「おじいちゃんは農家だから、いつも手伝っているけど、コンバインでやっているから鎌でやるのはやったことがなくて楽しいと思った」。収穫した米は来月下旬、地元のスーパーで子どもたちが販売するという。