最新ニュース 

三陸鉄道3年連続赤字の見通し、JR山田線移管準備で  (10/13 13:05)

三陸鉄道は今年度の決算について、JR山田線の移管準備で支出が増えたため、3年連続赤字との見通しを示した。三陸鉄道によると、今年度の当期損益は昨年度より5247万円多い8305万円で、3年連続の赤字となる見通し。4月から8月までの経常損益も昨年度の同じ時期より赤字幅が拡大していて、来年春のJR山田線移管に伴う人件費の急増などが主な要因としている。山田線の移管に向けては、来年1月以降、新車両の試運転が始まる予定。