最新ニュース 

五輪メダリストの父・里親経験を語る  (10/14 18:12)

10月は「里親月間」です。盛岡市では14日、「県里親大会」が開かれ、オリンピックメダリストの父親が講演しました。大会には県内の里親など約150人が集まりました。表彰などに続き、1992年バルセロナオリンピック競泳の金メダリスト・岩崎恭子さんの父・勝稔さんが講演しました。勝稔さんは2006年から里親委託を受け、静岡県で里子3人を育てています。
■岩崎さん「家でわがままは言わせてあげてもいいと思いますよ。学校とかでいい子で家に帰ってまたいい子なんていうのは、その子が伸びないと思う。出来るだけ天真爛漫でいいと思います。」
県内では経済的理由などから親と暮らせない子ども約400人のうち100人余りが里親のもとで暮らしています。岩崎さんは自身の経験から、子どもが自立するまでの最も大切な時期をどう過ごさせるべきかを語り、理解を呼びかけていました。