岩手県 違反アマ無線局に初の指導

この記事をシェア

  • LINE
岩手 2022.08.05 19:10

東北総合通信局と日本アマチュア無線連盟が連携して違法アマチュア無線局の指導を行った。5日は紫波町内に規制用の無線局を設置し、盛岡市内や国道4号線などで電波を発信している違反者に対する指導を行った。東北総合通信局は2018年から東北各県の日本アマチュア無線連盟と連携して違法アマチュア無線局に対する指導を行っていて、岩手県では今回が初めだ。

(違反ガイダンス音声)
「あなたは無線局運用規則第258条の2の規定に基づく告示に違反している」

アマチュア無線局は工事関係者が使っていることが多く、コールサインを言わないことや決められた周波数以外で使うことなどは違反にあたり、昨年度、岩手県では2件の行政処分があった。

(東北総合通信局 柳島智局長)
「電波の利用をきちんとしていただかないと、いろんな場面で混信を起こして使えなくなってしまうということもあるので、そういったことが起こらないよう日々我々も努力している」

日本アマチュア無線連盟が違法アマチュア無線局への注意啓発を行い、改善がなければ通信局が指導をすることになっている。