この記事を
シェア

  • LINE

岩手県久慈市 国有林の間伐作業中に男性死亡

岩手 2022.05.14 11:52

岩手県久慈市内の国有林で13日、間伐作業をしていた65歳の男性が倒れているのが見つかり、その後亡くなった。
亡くなったのは、久慈市山形町の団体職員、中清水武志さん65歳で、13日午前8時に同僚らと久慈市宇部町の国有林に入った後、1人で間伐作業をしていた。しかし集合時間に戻らず、午後5時ごろ、伐採した木のそばで倒れているのを同僚が発見した。中清水さんは、頭などを強く打っていて、約2時間後に病院で亡くなった。警察は倒れていた太さ約30センチ、長さ約20メートルの木が中清水さんに当たったとみて調べている。

この記事を
シェア

  • LINE